読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

いいひと、わるいひと


いいひと、の定義もわからないが、
わるいひと、の定義も曖昧でぼんやりしてる。


私は、私に「いいひと」だったら別にいいんだ。
そのヒトがストローで白い粉吸引していようと、
彼氏に貢がせてセフレが何人いようと。


もちろん、ヒトを殺したり、未成年に薬物すすめたり、
そういうのは嫌だよ。


利己的だしほめられたもんじゃない倫理観だとは思うのだけど、
私は、私にいいひとが、好き。


「あの子、なんか嫌い。ヒトによって態度変えるもん」
「あの子、協調性なさすぎて・・・。こっちが気を使うんだよね」


何人か、他の子がそう言うとき、
「え?そう?いい子じゃない?私は好きだけど」
って答えたことがある。


「それは、あんたには優しいから」とか、
「自分が仲良くしたいと思う子にしか、優しくしないんだよ」

そういわれて、
「なんてわるいこだ。ひとによって態度変えるなんて」
とは思えないのがわたしなんだ。

「あら、じゃあ私とは仲良くしたいのか!嬉しい!」
「他のヒトにとってビッチでも、私にやさしければいいし」
と思っちゃうの。


いいひと、わるいひとの境目なんて曖昧で、
私だってあのひとにとってはいいひとで、あのひとにとってはわるいひとだ、きっと。