読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

30代のSNS事情

FacebookInstagramが好きな私。

あまり筆まめなほうではないのですが、人に興味はある。

なので、ゆるく人の消息を追うことができるSNSは大好物なのです。

一番初めにやったSNSは高校生の頃にアメリカ人の友達に誘われてやったMySpace

その次は大学で流行してたGREE、そしてmixi

Facebookも大学3年くらいの時に、アメリカ人の友達に招待されました。

大学院1年では、twitterを開始。

いろんなSNSに手を出してきました。

 

今はFacebookInstagram、そしてtwitterを主にやっています。

学生時代の色々な友達の写真を見ると、

子供が生まれたばかりの子は、子供の写真ばかり投稿するなぁ!と、

少しつまらなく思います。

今日はその感情と、ママさんパパさんが子供の写真を連投する背景を、

掘り下げてみようと思う。

毎日カレーライス

私もマリタソ(愛犬)を飼ったばかりの頃や、

甥が生まれたばかりの頃、しょっちゅう写真を載せてたことを思い出します。

もう、可愛くて可愛くてしょうがないんだよね。

で、写真を撮る。

ああ、なんて可愛いんだ!

ポチー(Facebookドバー)

 

あふれる思いが止まらない〜♪なわけ。

だけど冷静になってみると、

そんなにしょっちゅう人の子供の写真を見たいとは思わないのです。

(ましてや私なんて犬だし!甥だし!)

そりゃたまにはいい。

おお、こんなに大きくなったのか!って感動するからね。

でも、毎週のように載せても、変化がないじゃないの。

親にはわかる変化、感動する変化でも、

他人からすると「またか・・・」ってなるわけです。

 

これが、食べ物の写真だとします。

月曜日はカレーライス、水曜日はクッキー、金曜日は居酒屋メシ。

これはよい。

それでは、

月曜日にカレーライス、

f:id:matotoro:20151220124721j:plain

水曜日にキーマカレー

f:id:matotoro:20160825033425j:plain

金曜日にハヤシライスだったらどうか。

f:id:matotoro:20120912190525j:plain

多くの人は、

「またか・・・」

って思いませんか。

作った側からすれば、それはすごい写真なわけ。

スパイスからこだわったカレーライス!

オシャレに盛り付けられたキーマカレー

今までで一番よくできたハヤシライス!

その手間や、作るまでの過程もひっくるめて、

他人には計り知れない思いがあったりするかもしれない。

当事者にとって、その記録はプライスレス!!!

 

でも、他人から見たら、

「何やら茶色いもの」

でしかないのかもしれない・・・。

 

リア充の宴

たまに、Facebookを見ると気分が落ち込むことがあります。

「みんな充実してるな・・・」

「幸せそうだな・・・」

「金持ってるなこりゃ・・・」

そう、私はつまらない毎日をおくっているわけです。

職場と家の往復!家には老いた両親!

 (と、可愛いマリタソ)

帰宅してからの私の思考を占めているのは、

「早くお風呂入って寝なきゃ」

「持ち帰ってきた仕事やっつけなきゃ」

この2点。

そんな私にとって、SNSで垣間見える格差は、

精神的にくるものがあります。

でも、私は友達に興味があるのである!!!

だから時間があるときは、ポチポチみんなの投稿をチェックします。

 

最近どうしてるのかな〜^^ポチポチ

 

そんな中での、

「まーた子供かーい!!!」

にイラっとくるんだと思う。

幸せへの嫉妬もある。

大いにある!

アラサーがSNSを利用するにあたっては、

SNSリア充の宴を見せていただくもの」

これを肝に銘じるべきなのかもしれません。

 

きっと私も子持ちだったら、溢れる子供写真をもっとあたたかな目で見ることができるのでしょう。

むしろ、自分の、

他人から見たら別に可愛くもない(けど私には天使)子供の写真を、

毎日のようにあげるんでしょうね。

可愛い赤子を育てる仕事

育休中、もしくは専業主婦は、

非常に過酷で、気晴らしもなかなかできないかと思います。

子育ては24時間営業です。

頑張っていても、目に見えた「成果」や「報酬」はない。

子供の成長が成果であり報酬?

そういう話をしてるんじゃねえんだ!(怒号)

子育て頑張ったところで、お金もらえるわけじゃないですか。

もちろん夫も子育て頑張っている妻に感謝はしているけど、

その一方で

「でも僕ちん外で働いて稼いできてるもんね〜」

という思いもある。

母親が子育てをちょーっと楽しようとすると、

「母親なのに・・・」

なんて言われてしまう世知辛い世の中。

だからこそ、

「私の毎日の成果を見てえ〜〜〜〜」

という気持ちも(無意識に)あって、

SNSへの投稿が激増するのではないでしょうか。

あと、家に縛られているというのも大きい。

外で仕事するでなし、遊ぶでなし。

そりゃ赤子の写真撮るくらいしか、憂さ晴らしできないよ!

そんでもってたくさんイイネもらって、

「可愛い」っていうコメントもらわないと、

やってらんねーよ!

 

私の家には数ヶ月に1回、兄一家が来ます。

一泊するだけで、こっちまで疲れます。

すごく楽しいし癒される一方で、

子供を持つことの大変さがほんの少し、見えてくるのです。

 

所詮、SNSは自己満足。

何を載せてもいい。

というわけで私も、

これからも!

誰もクソほども興味ないと思われる私のネイルの写真や、

f:id:matotoro:20160825033657j:image

食ったものの写真!

f:id:matotoro:20160825033723j:image

犬の写真!

f:id:matotoro:20160825033750j:image

買ったものの写真!

f:id:matotoro:20160825033824j:image

行った場所の写真を!

f:id:matotoro:20160825033841j:image

載せ続けます!