読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

永久欠番、ではない

1年以上更新が空いてしまいました。

別にすごく忙しかったわけでもないのですが、なんとなく更新しないまま月日がたっていました。

日々の思っていることはtwitterに書いているので、それで書きたい欲が満たされてしまっていて。

でもたまには、こちらも更新しようと思います。

こんなブログでも、過去にはあたたかい応援のコメントをくださっている方もいて、

読者になってくださっている方も、少ないながらもいて。

細々と、続けていけたらいいなと思っております。

 

**

先日、中学校から仲良くしている友達の家に遊びに行ってきました。

友達には2人の子がいて、上の子は5歳半。かわいいさかりです。

とてもめんこい女の子で、しっかりしています。

いまだに意味不明な動きをして、「この子はどこの星から来たの?」と思わせる甥とは別の生き物みたいです。ちなみに同い年。

友達の子は、「あそぼう、あそぼう」と私を誘ってくれ、

私も遊ぶんですが、友達に会うのも久しぶりなわけでして。

友達とついつい話に夢中になって、友達の子と遊ぶのもそっちのけになることが多かった。

私たちが話していても「ねえねえ!見てみて!!ねえねええ!ねえええええ」とくじけずに話しかけてくる友達の子。

「すぐ話す!」と言ってちょっとむくれる姿も愛らしかったです。

友達はLINEで「あの子がうざくてごめんね笑」と謝ってくれたのですが、

正直、今日のあの子の姿に、私は人間の原始的な欲求を見たね。

 

人間って、自分に注目してほしい、自分が中心でありたい、自分にかまってほしい!っていう欲求がある。

承認欲求・・・というんだろうか。

そこまでじゃなくても、人に無関心でいられることってこたえるんだよね。

ジョージ朝倉のマンガだったかな。

「人って、必要とされてないと死んでるのといっしょ。私がいなかったら、あなた死んでるね」みたいな台詞があって。

人間は社会的な存在であるからして、人に認識してもらえないと、

その人の存在自体あやふやなものになる気がする。

極端に言うと、肉体の死がすなわち存在の死ではない。

 

私が今死んだら、多くの人がその死を悲しんでくれると思う。

家族、親戚、友達、同僚、、、

少し関わっただけの人でも、私を思い出してつかの間さみしがってくれると思う。

でも、30年たったらどうだろう。

60年たったら?

私を知っている人で生きている人のほうが少なくなり、

独身子無しの私の不在を嘆く人はいなくなる。

私という人間が生きていた、存在していたことすら、なかったことのようになる。

その時、私は本当に死ぬんだろう。

 

ところで、中島みゆきの「永久欠番」という曲の歌詞をご存知だろうか。

 

100年前も100年後も 私がいないことでは同じ

同じことなのに 

生きていたことが帳消しになると思えば悲しい

 

 本当に、悲しい