読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

15年くらい前にオフ会に行った話

今まで話すのを避けてきましたが、私はオフ会に行ったことがあります。

 

私がインターネットをするようになったのは、中2のとき。

中2とか、一番やばい年齢です。

しかも当時はインターネットとかやってる人のほうが少ない。

ネットリテラシーという言葉なんて生まれるずっと前です。

むしろ、みんなどこか痛かったように思います。

今思うと、リア充はネットしなかったんでしょうね。その時代。

そこへ、文学少女くずれの女子中学生が入っていくと、もう暴走機関車なわけですよ。

 

ということで、私はひとつのコミュニティサイトにいきつきます。

私より何歳か上の、女子高校生が運営するサイトでした。

今でも活動してる方なので名前は伏せます。

そこには女子中高生、大学生がたまっていました。

チャットや掲示板でワイワイしていて、とても和やかな雰囲気。

 

そこで私は、なぜかオフ会に参加したくなってしまったのです。

場所は確か浅草。みんなで花やしきに行ったと思います。

あれ、豊島園だったかな?

確か地味な遊園地のうちのどれかですね。

 

運営していたAちゃんはとてもかわいらしい方でした。

Aちゃんはイラストを描く子だったのですが、かわいらしいイラストのイメージぴったり、

ほんわかしたおねえさんという感じ。

他の参加者も、一人でオフ会に乗り込んだCHUBOUの私にとても優しかったのです。

男性も何人か参加していました。

そのなかのひとり、Bくんという男性。

チャットや掲示板ではオラオラ系()という感じで、俺はモテるんだぜというエピソードをよく披露していたBくん。

 

 

きっも!!!!

きっも!!!!

 

 

絶対女抱いてないだろうが!!!このネットやりちんが!!!

 

と思った私ですが、

ここは優しい世界。

そんなこと思っても言えるわけがありません。

みんなで和気あいあいと過ごしていたところ、

もう一人の常連さんCくんが途中参加することになりました。

チャットのやりとりでは、Cくんは落ち着いたお兄さんタイプの男性という印象でした。

どんな人かな?と合流を待っていたところ、

 

 

 

 

おっさんやないか!!!!!!!!!!!!!!!!

なぜ中高生のコミュニティサイトに出入りしてるんや!!!!

 

 

 

 

 

Cくんというかもう、Cさんと呼んだほうがいい感じでした。

呆然とする私。

そこへ、サイト運営者のAちゃんがそっと耳打ちしてきました。

 

 

 

「Bくん並みにきついねwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

おわり。