読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

最近の若いもんは

雪雪雪。

そう、雪。
久しぶりすぎる更新です。
一年に数回しか更新しないけど、一応存命中のこのブログ。

2月15日は、雪がすごかったのです。なのでちょっと書いてみようかなと思って。
雪という漢字を並べると、なんか変な感じですね。
小学校の頃に漢字の書き取りの宿題なんかが出ると、ひたすら同じ字をがーっと書いていって、
気がついたら何がなんだかわかんなくなってることがあったな。
漢字が別のものに見えてくる。益とか。並べるとなんか虫っぽいですし。


先週60年ぶりだかの量の積雪があって、その1週間後には観測史上最深って。冗談みたい。
雪のひどさについてはtwitterでさんざんつぶやいていて、特にあれなんだけど。
ふと考えたことがありましてね。


14日から雪が降り始めて、日付が変わる頃には「オイオイやめてくれよ」状態。
次の日朝から都内で結婚式に出席する予定だったので、まさに戦々恐々です。


でね、結局15日結婚式欠席したんです。雪がすごくて家から出られない&沿線が運休だったため。
幼なじみの結婚式で、地元の友達とワサワサと出席する予定が、地元在住者は全滅、ご両親も行けず。
新婦の気持ちを考えると切ないです。
そんくらい酷い積雪だった。私の住む埼玉では、観測史上最深だったとか。
もうね、パニックですよパニック・・・


翌日16日。
ご近所総出での雪かき。なんせ狭い道が雪で埋もれている状態。
歩くと膝までずしっと沈む。
雪かきは大変だった。
だけど、父の意外な体力に驚いたり、いけすかないと思っていたご近所さんの頼れる一面を発見したり、
祖父母世代の方のその馬力や優しさに癒やされたり。
田舎って面倒なことも多いけれど、こういう時にはいいなって思いますね。


そして、気づいたの。
雪かき、10代〜30代の人が私以外誰もいない!!!ということを。
ご近所には高校生や大学生、20代の人も多く住んでるんだけれど、その両親は雪かきしても、子供はいないんだよね。
見渡せばまわりは40代以降ばかり。


ごく自然に


「おいおい一番体力ある人たちが頑張ろうよ・・・どうせ昨日から外出できない状況なんだから家にいんだろうよ」


って思っちゃった。


そして、ああ、私はもうこっち側にきちゃったのかなってさみしくなったんです。
「最近の若いもんは」って言われる側から、言う側に。
その岸、渡っちゃったか、みたいな。


私、まだ20代よ・・・。