読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

ハプニングバーレポ、その2

再掲です。 お店の名前は秘密です。 こんな記事書いといてナンですが、エッチな友達などは募集してないです。

そこんところよろしくおねがいします、、、

あまりにもこの記事関連の反応がtwitterにくるので、アカウントをここに載せるのをやめた経緯があります。 (2015/2/19)

以下、元の記事。

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

 

おそるおそるハプニングバーれぽ。その2です。 長すぎるので、だいぶ割愛。 前回以上に生々しいエピソード満載なので、 知り合いの方は特に、覚悟していただきたい。 読んだあとから「このメス豚が」などというのはやめていただきたい! わかったね?

 

本番用の部屋に行くことになった私、Aくん、相方、南国の4人。

階段で別の階へ向かいます。

ちなみに、Aくんと私の連れはだいぶ前からティンを露出しており、 ブンブンさせております。

相方がおもむろに近寄ってきたので何かと思えば、 私の耳元で、 「お前、ぬれてんだろ」 と一言。

この人は普段からこんな感じなので聞かなかったことにします。

乱交用の部屋に入り、黙々とパンツを脱ぐ私と南国。

待機する下半身裸の男二匹。

その後、イチャイチャパンパンしてたのですが、 私が仰向けの状態で、バックをしている相方とバッチリ目が合うというハプニングが。

やっぱり隣でしてると気になるってものよね

 

無邪気に海に落としあっていたころのこと・・・

一緒にスポーツ頑張った思い出・・・

青かった、可愛かった頃のことが多少よぎって、複雑な気持ちになりますた

Aくんはちょっと大きめだったので最初痛かったのですが、

段々と「ええわ〜」という気持ちに。 も

う隣でやってる二人のことは全く忘れてきた頃 南国が信じられない言葉を口にしたのです!!!

 

「私も、Aにいれてもらいたい・・・」

 

は? ちょうど体位かえようとして、這いつくばったんだけど私?

この世で一番恥ずかしい感じになってるんだけど私? なにいっちゃってんのこの(ry?

お前ハプニングバー来ないとやれね(ry

そして なんとA、 「え?え?うん」と、南国のもとへ!!!

えええええええええええええ

 

 

しょうがなく相方とちょっといちゃついておりましたところ、 なかなかのイケメン(チャラい感じ)とカワイコちゃんが入室。

相方がチラチラみています、向こうもみています

ちなみにあちらは、酒を飲み過ぎたせいで殿方のオッキがいまいちな様子

相方が一言

「お前、なめてやれ」

 

( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ ) なんでやねん!

 

ッテナンデヤネン┌(`Д´)ノ)゚∀゚)

 

気がついたら舐めてました

NOと言えない日本人です

Aが後ろから私の尻を触り覆いかぶさろうとしてきます。

 

イラッときたので 「おいテメエ!(怒号)」

 

 

私、まだ機嫌がイマイチなおっておりません

しかし乱交ルームは爆笑の海(渦でなく、海!)に

カオス状態且つ和やかな雰囲気 最初は気を使ってか、

「ああ、(ry」などとよがっていたイケメン。

横でイケメンの彼女(多分)と私の連れが見ています。

連れ「ここ、よく来るんですか〜」

イケメン「あ、ああ、いや、はじめてです」

連れ「俺もはじめてなんですよ〜」

イケメン&彼女「ええええ、馴染みすぎですよ!」 以下延々と楽しいトークは続く

 

・・・・ 私、しゃぶってんだけど?

思わず、 「てめえらいい加減にしろ!!!!」 と怒鳴ってました。

 

「気持よかったんでイッちゃわないようにあばばばば」 と謝るイケメン

爆笑するその彼女と連れ

いつも怒ってるのは私のみです(◜◡~)✂╰⋃╯

そんなこんなしているうちに、私の終電が近づく。

相方は帰りたくないモード、完全にイッちゃった目で、

「おめえ、帰るなよこれから(ry」 などと私を恫喝。

この相方、見た目がガテン系な感じで怒るとすごくこわいんです。 が、私は負けなかった。

次の日は郵便局行く、課題やる、カテキョ行くなど、予定が山積みだったのです。

結局私だけ帰ることにして出口へ。

ところが店員さんに、

「カップルで入店されましたよね?カップルで一緒に出ないと駄目です。 男性だけ残る場合は追加料金をいただきます」 と止められたので、

店員さんと一緒にセックス部屋へ戻りました。

カーテンを開けると、相方が、犬と海を愛する私の10年来の男友達が、

今まさにインサートしようとしているところでした。

いやむしろ、ほんの先っちょは入ってたのではないだろうか?

嗚呼、長い付き合いで、一時期は毎日のように一緒にいた相方の、 なんともなんともな姿

同じ目標に向かって、頑張っていたよね・・・

私が怒ってモノを投げてしまったこともあった・・・

凹んでる私を優しくなぐさめてくれたこともあった・・・

 

 

 

見たくなかった・・・!!!

 

 

 

まぁそこは若干お互い様なので、いいとして。

寸止めはさすがに気の毒に思いましたが、しょうがない。

追加料金が法外な値段だったので、結局相方も私と一緒に帰ることにしました。

彼はロッカールームにズボンとパンツを置いてきたため、 ギンギンのままロッカーへ

 

 

ここで、彼が信じられない言葉を発するのです

 

 

 

「とりあえず、口でしてくれ」

 

 

NO THANK YOU!