読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考のごみばこ

ゴミはゴミ箱に、思考はインターネットの海に

御手洗くんの話

久しぶりに、恋をしています。

もうかれこれ、1年以上。

 

**

 

私は今年で31になります。

昨年の春頃まで、私はもう二度と恋をしないと思っていました。

最近ご飯に行ったり肉体関係をもつのはもっぱら、

「たまには異性と交流しなければ」

「このまま独身だとさみしいし、ねえ・・・」

といった、なかば義務感のような気持ちから。

ご存知、尻の軽さもたいがいですので。

そんな私が恋をしたのです。

今回はその話をしたいと思います。

 

**

好きな人は、職場の人です。

第一印象は、「はつらつとした人」

 

去年、今の職場に来た私。

初出勤から何日かした後、職場でとぼとぼと歩いていたら

「どうしました!?元気ないっすね!」と

声をかけてくれたのを思い出します。

「いい人だなぁ」と思いました。

年下だし、常に笑顔で、自分とは違う人種やのう・・・

悩み事とかなさそうなタイプというか、そんなふうに思っていました。

しかししばらくして、同じチームの飲み会で、好きな人(仮に御手洗くんとしよう)の話が出たのです。

「御手洗くんは新卒1年めに、辛すぎて辞めそうになった」

「社長に辞表を持ってきたので、それを預かったまま慰留交渉をした」

という、私のイメージとは全く違うエピソード。

彼は昨年の時点で5年めで、異例の出世をしていたというのもあり、

「辛かった時期を乗り越えた人」

という属性が、私のなかの御手洗くん像に加わったわけです。

 

**

恋に落ちた瞬間

あまり恋に落ちた瞬間をおぼえていることってないよなぁ、と思います。

でも私ははっきりと、その人を好きになった瞬間をおぼえています。

 

私は昨年、「飲み会幹事」というクソほどにも必要のない、業務にも、ましてや評価にも関係しない担当になっておりました。

うちの職場はたくさんのチームで仕事をしており、デスクもそのチームごとにまとまって配置されています。

ですが、時折部署の飲み会というのがあります。

そのために、チームから一人、飲み会幹事担当を決めるのです。

飲み会幹事は飲み会の企画、セッティング、当日のお酌というスーパーだるいことをします。

これ、仕事じゃないよね・・・?

と思いつつ、下っ端とはこういうものなのだと自分を納得させて、淡々と幹事業をこなしていました。

 

ある日の飲み会、私は疲労困憊でした。

きついイベントの後のお疲れ様会だったのです。

疲れているのは皆そうなんですけど、早く帰れるにも関わらず職場の飲み会、

しかも幹事なので一瞬も席につけずひたすら他の方々の注文を聞き、

注文が届いたら届け、お酌にまわり・・・・という地獄。

「幹事、生もう1杯ね!」

と偉そうに言ってくるお局に「素足で画鋲踏めばいいのに」と思いながら、

ヘコヘコと注文をとったりしていたわけです。

個室の部屋をとったので、私はその個室の前の廊下で死んだ目をして、

注文したお酒が運ばれてくるのを待っていました。

(そのお酒をテーブルごとに配る)

 

死んだ魚の目をしてしばらく突っ立っていたところ、御手洗くんが個室から出てきました。

そして、

「幹事、大変ですよね。僕も去年幹事だったんです。手伝いますよ、少し座って休んでください」

と言ったのです。

その時私は、胸がきゅーーーーん!!!

幹事以外のみんなは、全部幹事にやらせるのが当然という雰囲気なのに、

彼は幹事の私を気遣ってくれている!!!!!!!

なんていい人!!!!

抱いて!!

と、なったわけです。

わかりやすいでしょう。

みんなお酒が入って気持よくやってるなか、

幹事の苦労にまで気がまわり、わざわざ個室の外に出てきてくれる。

そんな人、そうそういない。

 

**

飲み会での一件以後、彼は私のなかでどんどん気になる存在になっていきました。

 

もちろん、飲み会幹事だけが私の仕事ではありません。

私は職場で「英語屋さん」なので、英語の書類などを整理したり、

外国の取引先との交渉などを担当しています。

ちょうど私が彼に恋をし始めた頃かな。

彼は

「僕、英語が話せるようになりたいんです」

と言って、私に英語の質問をしに来るようになっていました。

英語で話しかけたりもしてきます。

決して上手なわけではないけれど、一生懸命英語で話そうとする彼の仕方に私は、

キューン

もしくは

じゅん・・・

なわけです。

 

忙しい職なので、なかなか違うチームの人と話す機会はないのですが、

彼は暇を見つけては話しかけにきて、英語の話をしていました。

そんな彼を私はどんどんと好きになっていきました。

 

**

決して可愛くないデブスの私が幹事の仕事で飲み会の司会をしていると

「可愛いよ〜!!!」

とヤジをとばしてくれたり(日頃言われないので冗談でもすごく嬉しい)、

私が彼と話していると、その後彼のチームの人が

「御手洗くんよかったね」

とこっそり言ったり(聞こえてっけど)しているのを聞いて、

これはもしかしてイケるのではないか

という謎の脈あり判定を独断でくだし、私からもよく話しかけにいっていました。

彼は職場のリア充若手グループの中心人物なのですが、

そのリア充グループの飲み会にも声をかけてくれるのは彼で、

「これは私への好意なのか」

と、自信をふくらませていったわけです。

ちなみにそのリア充グループに私は属していません。おっかない。 

**

そんな日々のなか、私はある男性からのLINEに手を焼いておりました。

その人と出会ったのは学生時代。

会えばセックスする仲です。

ですが最近は疎遠気味でした。

そんな彼が

「久々に飲もうぜ」

とLINEをしてきました。

そして、

ラブホ行こうぜ

とたたみかけてきたのです。

「好きな人いるから、できない」

私はそう言いはりました。

「いいじゃん、それとこれは別だよ」

「セックスしようぜ、背徳的に」

などと、彼はめげない。私もめげない。

好きな人がいるのに他の人に抱かれるなんて、嫌じゃないですか。

最終的に

「まぁとりあえず飲もう」

となりました。

そして私は、彼と飲みに行くことに。

 

少し狭めの個室に入り、楽しく会話をしていました。

私は御手洗くんの話をし、私が恋に落ちた瞬間のエピソードもしました。もちろん。

そしたら彼は、

「それ、御手洗くんがブサイクでも好きになってた?」

と言ったのです!!!!

そして私の脈あり判定を、

「それはお前の妄想だね」

とバッサリ!やっぱりね!!

そして彼は、今好きな人の話をしてくれました。

その人は九州に住んでおり、たまに東京に来るときに飲むそうです。

「その人とセックスなんてしなくていい、ただ抱きしめたい」

と語る彼を見て、そうそう、恋ってそういうものなんだよなぁと頷く私。

恋とは神聖にして侵すべからず

 

しばらくして、彼にいきなり抱き寄せられ、口に舌を突っ込まれました。

 

数時間後・・・

 

私は彼とセックスしていました。

御手洗くんのことが好きなのに、全然好きでない人の前ではいつくばり、

あんあん言ってたわけです。

 

恋とは神聖にして、侵すべからず。

私は今でも、御手洗くんに恋をしています。

こんな恋、もう二度とできない。

そう思いながら、職場で彼の姿を目で追う日々です。

永久欠番、ではない

1年以上更新が空いてしまいました。

別にすごく忙しかったわけでもないのですが、なんとなく更新しないまま月日がたっていました。

日々の思っていることはtwitterに書いているので、それで書きたい欲が満たされてしまっていて。

でもたまには、こちらも更新しようと思います。

こんなブログでも、過去にはあたたかい応援のコメントをくださっている方もいて、

読者になってくださっている方も、少ないながらもいて。

細々と、続けていけたらいいなと思っております。

 

**

先日、中学校から仲良くしている友達の家に遊びに行ってきました。

友達には2人の子がいて、上の子は5歳半。かわいいさかりです。

とてもめんこい女の子で、しっかりしています。

いまだに意味不明な動きをして、「この子はどこの星から来たの?」と思わせる甥とは別の生き物みたいです。ちなみに同い年。

友達の子は、「あそぼう、あそぼう」と私を誘ってくれ、

私も遊ぶんですが、友達に会うのも久しぶりなわけでして。

友達とついつい話に夢中になって、友達の子と遊ぶのもそっちのけになることが多かった。

私たちが話していても「ねえねえ!見てみて!!ねえねええ!ねえええええ」とくじけずに話しかけてくる友達の子。

「すぐ話す!」と言ってちょっとむくれる姿も愛らしかったです。

友達はLINEで「あの子がうざくてごめんね笑」と謝ってくれたのですが、

正直、今日のあの子の姿に、私は人間の原始的な欲求を見たね。

 

人間って、自分に注目してほしい、自分が中心でありたい、自分にかまってほしい!っていう欲求がある。

承認欲求・・・というんだろうか。

そこまでじゃなくても、人に無関心でいられることってこたえるんだよね。

ジョージ朝倉のマンガだったかな。

「人って、必要とされてないと死んでるのといっしょ。私がいなかったら、あなた死んでるね」みたいな台詞があって。

人間は社会的な存在であるからして、人に認識してもらえないと、

その人の存在自体あやふやなものになる気がする。

極端に言うと、肉体の死がすなわち存在の死ではない。

 

私が今死んだら、多くの人がその死を悲しんでくれると思う。

家族、親戚、友達、同僚、、、

少し関わっただけの人でも、私を思い出してつかの間さみしがってくれると思う。

でも、30年たったらどうだろう。

60年たったら?

私を知っている人で生きている人のほうが少なくなり、

独身子無しの私の不在を嘆く人はいなくなる。

私という人間が生きていた、存在していたことすら、なかったことのようになる。

その時、私は本当に死ぬんだろう。

 

ところで、中島みゆきの「永久欠番」という曲の歌詞をご存知だろうか。

 

100年前も100年後も 私がいないことでは同じ

同じことなのに 

生きていたことが帳消しになると思えば悲しい

 

 本当に、悲しい

女性へのプレゼントを考えよう

たまにはちょっとは有用なことも・・・今日はプレゼントについて書きます。

わたし自身、プレゼントについて悩むことが多いので、覚書の意味も兼ねて。

 

今回は予算少なめ(4000円まで)のプレゼントがテーマ!

ターゲットは女性であります。

 

女性にプレゼントをする機会、そこそこあると思います。

誕生日や記念日、クリスマスやホワイトデーなどなど。

でもここでは、予算少なめなので、

「ちょっとしたプレゼント」にもらって嬉しいものを紹介します。

 

何かのお礼に、堅苦しくない気の利いた物をあげると好印象だと思うのです。

本当はホワイトデーにこの記事書けよって感じなのですが、

来年・・・来年のためにも、どうかこの記事を参考にして女性にプレゼントを選んでほしいと思います。

 ここではカジュアルなプレゼントなので、消え物メインでいきます!

 

では、予算別に考えてみましょう。

 

1000円以内

ぶっちゃけ、これが一番むずかしいです。

プレゼントは予算がすくなればすくないほど、むずかしくなる。

まず思い浮かぶのは、お菓子。

 

おすすめはROYCEですかね。

ポテチにチョコが塗ってあるのですが、お土産でもらって嬉しかったです。

箱に入ってるので「プレゼント感」もそこそこ。800円くらいです。

デパートのお菓子より気楽に送れるし、スマートに感じるかも。

ROYCE'(ロイズ) ポテトチップチョコレート オリジナル

 

 

あとは、LUPICIAの紅茶。缶入りのものね。

www.lupicia.com

ルピシア フレーバードティー ティーバッグ セット

この画像のものだとちょっと予算オーバーなのですが、

ティーバッグなしのも売っています。

これは間違いなくセンスいいでしょう!

紅茶が苦手な人以外は、喜ぶと思います。

そのなかでも、ちょっと珍しいフレーバーのものを選ぶのがコツ。

今の季節だったら桜がいいかな。

ティーバッグも箱入りの洒落たのがありますよ。

 

2000円以内

【ロクシタン】シアー&ピオニーフェアリーハンドクリーム30mlセット [並行輸入品] [ヘルスケア&ケア用品]

はい、鉄板きましたー。

ロクシタンです。

これは間違いないでしょう!

ひとつ1300円〜2000円くらいです。

私はロクシタンのバスセットをもらってものすごく嬉しかったことがあります。

 

ハンドクリームは多くの女性が使うものだし、消耗品なので贈りやすいと思います。

ちょっとお高いハンドクリームは、持ち歩きにもテンションが上がるものです。

香りマニアとしては、Derbeも推したいですね。

ホワイトティーが大好き。ミニサイズなら1000円でお釣りがきます。

デルベ ホワイトティー ミニハンドクリーム 25mL 【706】

見た目の可愛さもポイント高い!

車を乗る女性には、ミッレフィオーリのカーリフレッシュナー。

Millefiori カーエアーフレッシュナー オレンジ オレンジティー CDIF-A-003

オレンジティーの香りですよ、オレンジティー!

なんておしゃれなんだ。

こんな車用芳香剤はあっただろうか(いやない)

約1600円なり。

3000円以内

ぐっと範囲が広がるこの価格帯。

こんくらいのものを贈るのに一番センスが問われる気がします。

Millefiori(ミッレフィオーリ) ボディクリーム 300ml マンゴ&パパイア BC-30-004

またまたミッレフィオーリ。ボディクリームです。

このブランドはそこまでメジャーではないのです。

が、そこがポイント。

ロクシタンは鉄板だけど、いかんせんメジャーすぎる!

なんならもう持ってる可能性も・・・なくはない。

ここで己のセンスをアピールするのです、男性諸君。

ということで私はミッレフィオーリを推します。

ベルガモットの香りのシャワージェルを使っていますが、

甘くてすごくいいんですよ。

でも甘すぎると感じる人もいると思うので、マンゴ&パパイアなんてどうかな。

 

あとは、シャレオツな洗剤。

これも嬉しい!

自分で買うには高いけど、もらったら確実に嬉しいです。

私も友達にプレゼントしたことがあります。

ATTITUDE(アティチュード) ランドリー(衣料用洗剤) ワイルドフラワー 1.8L

 約2000円。

attitudeはどれもパッケージが激かわです。

 

女性は基本的にお風呂が好きな人が多いと思うので、

入浴剤もいいのでは。

<入浴剤>アユーラ ウェルバランス ナイトリートバス

AYURAの入浴剤は、2400円ほど。

自分で買うにはちょっと高いと感じるけど、あげると喜ばれると思います。

LUSHのバスボムはプレゼントとして定番人気ですが、

AYURAだとぐっと「こやつデキる」感が高まる気がします。

3000円〜4000円

LUPICIAの紅茶セットはいかがかしら。ティーバッグなので手軽です。

これをいただいてものすごくテンション上がりました。

毎日どの紅茶を飲むか選ぶのが楽しかった!

パッケージも素敵ですよね。

LUPICIA THE BOOK OF TEA “Hommage à Brillat-Savarin” ルピシア ブックオブティー

 ちょっと上級者向け?かもしれませんが、こんなのも↓

コリンヌ・ド・プロバンス オイルランプ レギュラー 2,950  ムスク 100ml CDP-06

 オイルランプ。おしゃれだと思います。

インテリアにも(・∀・)イイ!!

雑貨などが好きな女性に。

 

消えものの代表、お菓子だと、パティスリー・ポタジエのものもいいかも。

お野菜スイーツです。

季節によって使われる野菜が違うのですが、やさしい味で、甘すぎなくて美味!

こういうちょっと変わり種って好きです。

パティスリー ポタジエ ベジスイーツ詰合せ 14個|sw93014-004

 ボディケアものもこの価格になると、選択肢広がりますね。

SABONのとか少し特別感あっていい!

サボン SABON ボディローション デリケートジャスミン ボトルタイプ 200ml

AmazonよりLUMINEに入ってる店舗で買ったほうがいいかな〜。

ラッピング頼まなくてもかわいく包んでもらえます。

 

**

好みはあるかもしれませんが、この記事の物だったらどれも

「だっせ〜!!!pgr!!!」されることはないかと思われます。

私だったらうひょ〜ってなります。

 

ポイントは、

パッケージがかわいいもの
消耗品

このふたつ!

プラス、

定番過ぎないものだと「おっ」ってなりますね。

 

少しでも参考になれば!

歌が下手な人はどんな曲をカラオケで歌えばよいか

こんばんは。

今回は、「公」カラオケでの選曲について書きたいと思います。

 

彼岸を過ぎ、日が伸びてきましたね。

鼻、ムズムズしますね。

手袋なしで外出できる日が増えてきました。

 

そう、巷は春です!

 

春といえば歓送迎会。

私も新天地でようやく・・・ようやく!羽ばたく予定であります。

そして心配になるのが、二次会でのカラオケの存在です。

こないだ研修に行ったときはその日が〆のお疲れ会だったのですが、終業時間が近づくと

「◎さんのGReeeeN楽しみですなw」

「ですなw」

などという会話を耳にしたのです。

私は察しました。

 

この職場は、二次会カラオケ文化が根付いている・・・!!!

 

しかし私はカラオケが好きですが、得意とは言えません。

しばらく歌っていないとすぐにメロディを忘れ、

aikoやドリカムなどの半音の使い手たちの曲では音程をはずし、

ラップがセリフの部分は恥ずかしくて「フヒヒ、無理です」となり、

流行の曲にもものすごく疎いです。

「◎のテーマ曲だよ」と、話題のドラマらしき固有名詞を出されても、

まず◎が何かがわかりません。

 洋楽をよく聴くので、カラオケでも平気で洋楽をいれます。

洋楽しばりで2時間カラオケでも余裕です。

洋楽はみんな音程のズレに気づかないから、とりあえず褒められるしね!!!

 

これはまずい・・・!!!

私は今までカラオケで我が道を行き過ぎていたのではないか。

新職場で、なんとか人間関係を円滑にやっていきたい。

「歌とか苦手なんです」というカラオケ地蔵にならないためにも、

曲の選定、おさらい(車の中で聴きまくる)をしっかりとしなければ!!!

 

・・・というわけで、

カラオケという種目が得意ではない人は、競技をどう戦えばいいのかを考えてみようと思います。

いつものことながら前置きが長い。

歌が得意な人は、なにを歌ってもいいんですよ。

どんなKYな曲をいれようが、「おぉ〜」ってなりますから。

問題は、それ以外の烏合の衆。

歌唱力はいかんともしがたいです。時間もないし。

だから、同僚とのカラオケで勝つるには、テクニックが必要だと思うのです。

 

まず、一番大切なのはタンバリンの確保。

タンバリンがない場合は仕方ないですが、タンバリンやマラカスなどのパーカッションが置いてある個室では、

絶対にゲットしたいものですよね。

これがあれば、にぎやかしになれます。

タンバリンを叩きながら腹の底から

「いぇ〜い!!!」

と叫べば、もう大丈夫。

人は打楽器と酒で陽気になれますし、そんなに曲をいれていなくても、

楽しんでいる感、盛り上げようとしている感が演出できます。

 

しかし、タンバリンがおいていなかったり、既に職場にタンバリン担当がいるかもしれない。

その場合は何を歌えばいいのか・・・。

まず、避けたいのは前述のようにaikoやドリカムなどの半音の魔術師たちの楽曲。

泡のような愛だった (初回限定仕様盤)

男性ウケは抜群ですが、「公」カラオケではそのようなものは二の次。

いかに無難にやり過ごすか?盛り下げないかが課題なのです。

 

そして、近年の安室奈美恵MINMIなどの「私、クラブとか行ってます」的なノリの楽曲。

私は安室奈美恵MINMIも大好きでカラオケでも歌うのですが、

難しいし、万人受けするものではないというのは事実。

仲間内でのカラオケで歌うジャンルです。

男性でいうと、湘南乃風ですかね。

表BEST“金”盤  通常盤 (CD+MIX CD) 『湘南乃風 ?Single Best?』

ぬれたまんまでいっちゃって〜!!!

なんて職場の男性が歌ってたら若干ひきますからね。

 

ここまで書いて、思いつきました。

ダテにこの歳まで生きていない!今までのカラオケから、無難なものを選ぼう!

 ネタに走る案

私は、ほんのり夏川りみに似ているんだった・・・!!!

涙そうそう

涙そうそうが大ヒットしたとき、「歌ってよ〜」と無理やりいれられたりした。

その後涙そうそうを歌えるようになりまた別のコミュニティでのカラオケでいれると

「似てるwww」

とツッコミをいれられる程度には似ています。

体型もばっちりです。

 

これか!!!

 

あとは、声が似ていると言われた宇多田ヒカルか?とも思いましたが、

いかんせん難しい。

宇多田ヒカルも好きでよく聴くのですが、歌いこなすレベルにはならない。

却下!!!

とりあえず、皆様の箸休めになるような簡単な曲がいいですね。

へったくそに歌って皆様の顔をひきつらせてはいけない。

簡単なヒット曲を選ぶ

PRIDE

 

というわけで、簡単な曲、で思いついたのがこちらです。

今井美樹のPRIDE!

私が小学生の頃だったかな、大ヒットしました。

これはね、スローだし音程もおぼえやすい。

音程をはずすほうが難しい。

しかもヒット曲なので、多くの人が知っている!!!のではないか!

 

これだwwwww

 

ただ、ゴリゴリのバラードなんですよね。

(´∀`∩)↑age↑(´∀`∩)↑age↑のムードの時にPRIDEはKYです。

そこでもう一曲。

さくらんぼ (CCCD)

これでどうだ!

大塚愛さくらんぼ。

これはアップテンポなのですが歌いやすい。

ちょっとバカっぽい歌詞も面白いし。

しらふではきついが、お酒が入っていればいけそうです。

これも流行ったので認知度も合格ライン。

 

ということで、

涙そうそう

PRIDE

さくらん

このあたりで勝負しようと思います。

ふひひ、これで勝つる!!!!!

 

選曲の古さについてはご容赦ください。

あなたは今、アラサー女性が書いたブログを見ているのです!!!

アメリカンスナイパーを観ました

今更ながら、アメリカンスナイパーを観に行ってきました。

ネタバレなしでレビューしようかなとも思ったのですが、

この映画はラストがいいので、ゴリゴリのネタバレレビューかまします!

まだ観ていない人はご注意を。

 

あらすじはざっくり書くと、

イラク戦争で伝説のスナイパーと謳われた狙撃手の人生、ですかね。

ほんとにざっくり書いたなw

クリス・カイルという実在のスナイパーの自伝が原作となっています。

詳しくは公式サイトへ↓


映画『アメリカン・スナイパー』オフィシャルサイト

f:id:matotoro:20150312022103j:plain

イラク戦争を題材にした映画を観るのはハート・ロッカーゼロ・ダーク・サーティに続いて三作目。

結論から言うと・・・一番面白いと思いました。

それは、ヒューマンドラマとして上質だったからかなと。

女性って戦争映画あまり好きじゃない人が多いんじゃないかと思いますが、

私は拒否感はないほう。

戦争って、究極の状態じゃないですか。

生と死、善と悪の境界が曖昧になるというか。

人類の長い歴史のなかでずっと繰り返されてきたものだし、

そこには「人間」というものがぎゅっと濃縮されているように感じます。

残虐なシーンが多いのは、戦争はそういうものだよっていうメッセージがあるからだと思うので、

気持ちがいいものではないけれど、その圧倒的な威力に心を奪われてしまう。

 

アメリカンスナイパーが反戦映画なのか、はたまたクリス・カイルの礼賛映画なのかというのが議論されてるようですが、

どっちでもないんじゃないかな。

観る側がとるスタンスで変わる気がしてます。

どのエピソードに、誰に感情移入するかですよね。

 

誤解を恐れずに書くと、私は戦争=極悪な人間たちが生み出したものという図式に疑問を抱くことがあります。

第二次世界大戦だって、「それが国のため」と信じて、必死だった人たちが犯したもの。

勝てば官軍負ければ賊軍、世界中で戦争が繰り返されてきて、

その時はお互い、大義名分があるわけです。

それはきっと、洗脳に近い願い、野望のような。

それを一概に「悪」でばっさりと論じるのは好きではないです。

 

私はアメリカンスナイパーは、一人の人間の話だという感想を抱きました。

「伝説」と称された狙撃の名手も、一人の人間であり、夫であり、父であるという。

英雄になんかならなくていい、ただ幸せに生きれればいい。

そういうメッセージを感じる一方で、狙撃手としてのクリス・カイルにはしびれますね。

「アメリカを、味方の兵士を守る」

そんな想いからたくさんの人を殺したクリス・カイルのその愚直さは、

滑稽にも見えるかもしれないけれど、アメリカの兵士たちの命を救ったのも事実。

仲間の仇討ちのために、2km近い距離から相手の狙撃手を射ったシーンはかっこよかったです。

 

愛国心から従軍する若者もいれば、崖っぷちの生活をしていて、そこから脱げだすために従軍する若者もいるからね。

私の知る米軍出身者には、若いうちに軍に入ってお金をつくり、大学に行った人が何人かいます。

命を危険にさらしても、その見返りは魅力的なんです。

アメリカでは、軍をワンステップと考える風潮は、なくはないんじゃないかなぁ。

退役軍人のホストペアレンツと暮らしましたが、二人とも現在は全然違う仕事をしてますよ。

しつけには厳しかったけれど、いたって普通の人たちです。

そんな人たちの命を守ったという視点からクリス・カイルを見ると、

やはり彼はアメリカン・ヒーローなんだと思う。

 

そのアメリカン・ヒーローは、救おうとした若者に命を奪われてしまう。

諸行無常ですよね。

だからこそ、この作品は考えさせるものがあります。

彼は「仲間を救う」ことに人生の意味を見出してきたのに。

そんなこと考えず、平凡な男として生きてたら死なずにすんだのに。

 

やはり戦争は、「奪う」ものなんだと思います。

いろいろなものを、いろいろな人から。

 

クリスが支援する傷痍軍人(退役軍人)で車いすの人が出てきたのです。

そしてクリス・カイルの実際の葬送の映像が映画の最後に挿入されるのですが、

そこで車いすの人が手を大きく上げて、星条旗を振るんです。

そのシーンがかなりきましたね。

 

実際に従軍して、反戦主義になる人もいると思うのだけど、

戦争で傷ついたからこそ、それを正当化しないとやりきれない・・・

そんな人もいるから、私たちは政治を、平和を語るとき、

二元論で考えてはいけないのではないか。

そう思います。

15年くらい前にオフ会に行った話

今まで話すのを避けてきましたが、私はオフ会に行ったことがあります。

 

私がインターネットをするようになったのは、中2のとき。

中2とか、一番やばい年齢です。

しかも当時はインターネットとかやってる人のほうが少ない。

ネットリテラシーという言葉なんて生まれるずっと前です。

むしろ、みんなどこか痛かったように思います。

今思うと、リア充はネットしなかったんでしょうね。その時代。

そこへ、文学少女くずれの女子中学生が入っていくと、もう暴走機関車なわけですよ。

 

ということで、私はひとつのコミュニティサイトにいきつきます。

私より何歳か上の、女子高校生が運営するサイトでした。

今でも活動してる方なので名前は伏せます。

そこには女子中高生、大学生がたまっていました。

チャットや掲示板でワイワイしていて、とても和やかな雰囲気。

 

そこで私は、なぜかオフ会に参加したくなってしまったのです。

場所は確か浅草。みんなで花やしきに行ったと思います。

あれ、豊島園だったかな?

確か地味な遊園地のうちのどれかですね。

 

運営していたAちゃんはとてもかわいらしい方でした。

Aちゃんはイラストを描く子だったのですが、かわいらしいイラストのイメージぴったり、

ほんわかしたおねえさんという感じ。

他の参加者も、一人でオフ会に乗り込んだCHUBOUの私にとても優しかったのです。

男性も何人か参加していました。

そのなかのひとり、Bくんという男性。

チャットや掲示板ではオラオラ系()という感じで、俺はモテるんだぜというエピソードをよく披露していたBくん。

 

 

きっも!!!!

きっも!!!!

 

 

絶対女抱いてないだろうが!!!このネットやりちんが!!!

 

と思った私ですが、

ここは優しい世界。

そんなこと思っても言えるわけがありません。

みんなで和気あいあいと過ごしていたところ、

もう一人の常連さんCくんが途中参加することになりました。

チャットのやりとりでは、Cくんは落ち着いたお兄さんタイプの男性という印象でした。

どんな人かな?と合流を待っていたところ、

 

 

 

 

おっさんやないか!!!!!!!!!!!!!!!!

なぜ中高生のコミュニティサイトに出入りしてるんや!!!!

 

 

 

 

 

Cくんというかもう、Cさんと呼んだほうがいい感じでした。

呆然とする私。

そこへ、サイト運営者のAちゃんがそっと耳打ちしてきました。

 

 

 

「Bくん並みにきついねwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

おわり。

私たちは上村くんに何ができたか

川崎で中1の男子が殺され、遺棄された事件が世間を騒がせていますね。

私がつい考えてしまうのは、大人が何をできたかということ。

事件は防げたのか。

 

結論からいうと、防げたと思います。

ただ、それは結果論。

何か悲劇が起こったときに、人はいつでも、結果からしか語れない。

起こってしまったから、フォーカスされるわけだから。

でも、議論を尽くすことで、これから同じような事件を防ぐことができるといいなと。

私のようなインターネットの中の小さな屑でも、真剣に考えることに意味があると思うわけです。

子供の世界

子供の世界についてまず考えてみようと思います。

子供にとっての世界って、家庭と学校。

そのなかでも、「友達」の存在は子供にとって非常に大きいもの。

子供はまず、家庭という世界から学校という社会に出るわけです。

そこで、同級生や上級生、下級生、そして先生や部活のコーチなどと関係を育む。

その過程で子供は、人と衝突したり、和解したりしながら大人になっていくわけ。

いきなり大人になる人間がいないように、人って失敗しながら成長していく。

だから、思春期の人間関係がカオスになるのは当然といえば当然で、

それは人格の形成、完成に絶対に必要なものなのです。

「葛藤」を経ない青年は、その後のライフプランニングに苦労する・・・と何かの本で読みました。

何かに反抗したりする心、それと折り合いをつけたり、とことんぶつかっていくこと、、、

その過程で、死に至るいざこざが起こるのは恐怖としか言えないと思います。

 

親が子を「守る」ということ

大人は、子供の葛藤を見守る、、、時には「大人」の手段を使って「守る」ことが、

求められているのを忘れちゃいけない。

まず、親が子を守ることについて書こうと思います。

 

今はスマートフォンなどで簡単に色々な人とつながることができますよね。

それってすごいことなんですよね。

「ケータイ時代」以前、子供の関係性の可視化はずっと容易だった。

でも今は、大人が子供の交友関係を「監視」するのが難しくなってきています。

ただ、こんなサービスも出てきていますよね。


LINEいじめ、親に代わり監視サービス 単語チェック:朝日新聞デジタル

私の知り合いは、子供の居場所をGPSで監視しています・・・!

そのくらいしないと、もうダメ。

それを拒否したら、持たせない。それでいいと思うのです。

子供との信頼関係がある、一人の人間として尊重したい。

いやいやいや。

自分の子供がまっとうでも、周りは?

どうやっても事件に巻き込まれることってあるから。

大人が長年の経験で培ってきた危険回避能力が、まだ子供には不十分だということを、

大人は肝に銘じておいたほうがいい。

愛とは、妄信することではないと思います。

 

以前、こんな「契約書」が話題になりました。


母から子へ「スマホ18の約束」【英語原文つき】 - NAVER まとめ

 

以下、引用です。

メリークリスマス!あなたは今日からiPhoneの所有権を持つことができます。

やったね!

責任感のあるお利口な13歳なので、このプレゼントはあなたに相応しい。

しかし、このプレゼントと受理すると同時にルールや規則が付いてきます。以下の使用契約をゆっくり読んでください。

私の親としての仕事も分かって欲しい。

あなたを健康で豊かな人間性を持った、現代のテクノロジーうまく活用していける大人に育てなければならないといことを。

以下の規則を守ることができなかった場合、あなたのiPhone所有権も無くなります。
あなたが大好きでたまりません。

あなたと何百万個ものメッセージ交換をするのが楽しみです。

 

この18の約束では、iPhoneを買ったのは親である私で、息子に「貸している」のであり、

毎日決まった時間に親に「返却」することや、ポルノを見ないことを禁止しています。

私が心に残ったのは

あなたは失敗する。そのときはこの携帯をあなたから奪います。その失敗について私と話し合います。また一からスタートします。あなたと私はいつも何かを学んでいる。私はあなたのチームメイトです。一緒に答えを出して行きましょう。

という部分。最後の約束です。

これ、全文を見るとわかるのですが、子への愛、責任って、

ただ自由にさせてやることだけじゃないんですよね。

程度によるけれど、私たち大人は「干渉」をしていかなきゃいけない。

それによってぶつかることをおそれちゃいけないんだと思います。

話し合い、一緒に答えを出すこと。

これを徹底することって簡単そうで難しい。

特に相手が十代の場合。

教師、警察、地域の責任

つらつらと書いてたらすごい長文になってきました。たいしたこと書いてないのに。

 

最後に、教師や地域の大人たちの責任について考えてみます。

教師は生徒と直接接すること、そして、家庭、級友との関係性の中で生徒を知ります。

いわば「外の顔」を客観的に見ているわけです。

そして父兄から「内の顔」を聞く。

それ以上でもそれ以下でもないわけです。

教師を、過信してはいけない。

親にとって自分の子供は唯一無二の存在、宝物です。

だけど教師にとっては、そうではないのだから。

ます、教師は職業。

公私の「公」、金を稼ぐ仕事の一部です。

そのなかで、一人の子供の存在が決定的に大きいということはない。

もちろん気にはかけるし、手がかかる子(ケース)というのはいますけれど、

一日は24時間。

生徒指導にかけられる時間だって、限られています。

 1クラス約40人を見なきゃいけないわけですし。

 

だけど、教師は生徒の外の顔を通して、何が起こっているのかをみつめることができる。

たくさんの子供をみてきているから、目は肥えているでしょう。

子供に何かが起こっている場合、それを外部に知らせ、助けを求めることができる。

スクールカウンセラーや他校の教員、児童相談所や警察。

様々な機関と連携して、しかるべき対応をとらなければと考えます。

児童相談所がもっと身軽になってくれれば・・・。

アメリカとかすぐとんできますからね。

あとは、子供を見守る独自ネットワークづくりができたらいいですね。

保護者と上記の機関が連携して。

子供の世界が複雑化した今、それを見守る大人たちもある種の組織として、柔軟に協働しなければ。

この事件を機に、そのあたりの構造改革ができればいいのに。

 

川崎の事件の報道で気づいたのは、よく青少年がたまり場にしている場所がいくつかあったようだということ。

構造改革は大局的な考えとしておいておいて、現実的な案として、パトロールが挙げられます。

警察はそこを定期的にパトロールしてたのかなぁ・・・。

しょちゅうお巡りさんがくるだけで、色々な犯罪の抑止力になると思うのだけど。

あとはやはり、暗闇を減らすことも大切なんじゃないかと。

外で起きる犯罪って、暗闇で起きることが多いじゃないですか。

空き巣対策のためにセンサーライトを設置している家も、多いですからね。

我が家では足元を照らすためですが。

公共の場所でもどんどん設置していきたいですよね。コストかかるけど。

地域住民としても、未成年がたむろしていたら注意・・・することはこわいかもしれませんが、通報していきたいですね。

最後に

全然まとまらなかったです。

本当はもっとパーソナルな感想を書きたかったのだけれど、ちょっと書いてるうちに、

ここで感想を書くのは無責任かなって。

 

被害者をとりまく人たちは今、後悔でいっぱいだと思います。

一人の少年の死は、悔やんでも悔やみきれない。

だけど私たちの意識が、一人ひとりの意識が、少しずつ変わっていけば、

未来に起こりうる事件を防ぐことができます。

この事件をきっかけとして、多くの人の子供を見つめるまなざしがよりあたたかく、時にするどくなることを願ってやみません。